スポンサーリンク
セクハラ疑惑不審自殺事件

新聞社のセクハラ疑惑 告発者は会社に相談したが(3)

セクハラの被害を受けたというMさんは、10日間迷って会社のセクハラ窓口に相談します。会社がどう対応したか検証します。社員は謝罪して謝罪文を提出しますが、異動などの措置はとらず、告発者は当事者と会議に同席しなければならない通知を受けます。
セクハラ疑惑不審自殺事件

新聞社で起きたセクハラ疑惑と不審死 事件の概要(2)

セクハラの被害を訴えていた道新函館支社の嘱託看護師だったMさんは、亡くなる前日に、告発文を含む資料一式をメディアを含む道内の団体機関に送付した。関係者からのメール、社内文書のコピー、Mさんが撮影した動画などから、事件の経緯をたどってみる、
セクハラ疑惑不審自殺事件

#MeToo前に新聞社で起きたセクハラ疑惑事件(1)

#MeToo運動前に和解となった北海道新聞のセクハラがらみの民事訴訟。性被害を申告した女性は、会社の不適切な対応を痛烈に批判する告発文を郵送した翌日に自宅で死亡した。マスコミでセクハラが議論されるようになったいま、あらためてこの事件を検証する。
過去記事

やっと実現しそうな“ピル解禁”女性の活躍が避妊を変える

男女雇用機会均等法が施行された年1986年に厚生省の研究機関が「低用量ピルの導入」に関するガイドラインを発表。4年後の1990年7月、3社から厚生省に低用量ピルの製造・輸入承認申請が提出された。『サリダ』1990年9月14日号に掲載された記事。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました