性暴力

スポンサーリンク
フェミニズム

DSK事件が火をつけたフランス流フェミニズムの論争6

フランスの大物政治家ストロスカーン氏の性的暴行事件をめぐるフェミニズム論争の6回目。DSK事件を契機にフランスではフェミニズムが活性化。フランスの特殊性ともいえる「誘惑の芸術とフェミニズムの闘い」について哲学者エリザ・ドルランが発言。
フェミニズム

DSK事件が火をつけたフランス流フェミニズムの論争5

フランスの大物政治家ストロスカーン氏の性的暴行事件をめぐるフェミニズム論争の5回目。「フランス流フェミニズム」をめぐり、フランスの特殊性ともいえる「誘惑」について知識人が発言。エリック・ファッサン氏は官能的なフェミニストの可能性を提案。
フェミニズム

DSK事件が火をつけたフランス流フェミニズムの論争4

フランスの大物政治家ドミニク・ストロスカーン氏の性的暴行事件をめぐり、アメリカとフランスで交わされたフェミニズム論争の4回目です。「フランス流フェミニズム」を提唱する仏の4人の知識人と米国の歴史学者との新聞上で激しい議論を展開します。
フェミニズム

DSK事件が火をつけたフランス流フェミニズムの論争3

フランスの大物政治家ストロスカーン氏の性的暴行事件をめぐるフェミニズム論争の3回目。フランスの法社会学者イレーヌ・テリー氏の「フランス流フェミニズム」にアメリカの歴史学者ジョーン・スコット氏がかみつき、さらに3人のフランス知識人が議論に参戦。
フェミニズム

DSK事件が火をつけたフランス流フェミニズムの論争2

大物政治家ストロスカーン氏の性的暴行事件は、フランスのフェミズムを活発化させた。法社会学者イレーヌ・テリー氏の寄稿の抄訳。フランスは性やジェンダー問題で他国より遅れているとみられているが、性犯罪を重大な提起として一とらえなければならない、と。
フェミニズム

DSK事件が火をつけたフランス流フェミニズムの論争1

大物政治家ドミニク・ストロスカーン氏のセクハラDSK事件は、フランスでの#MeToo運動のはじまりともいわれている。この事件をめぐり、アメリカとフランス、そしてフランス国内でフェミニズム論争が起こり、大手新聞で激しい応戦が繰り広げられた。
フェミニズム

ルワンダ、ジェノサイド(虐殺)の子どもたち

1994年春にルワンダで起きたジェノサイドでは1074017人が虐殺されたという。この際、多くの女性たちが性暴力の餌食となった。仏ルモンド紙に掲載された、写真家ジャナサン・トーゴヴニクが撮影したサバイバーの女性と子どもたちの証言の抄訳。
フェミニズム

死を待つ性暴力被害の少女たちを救うデニ・ムクウェゲ医師

毎年数えきれないほどの女性たちがひどい性暴力を受けているコンゴ民主共和国では、デニ・ムクウェゲ産婦人科医が彼女たちの傷ついた体と心を癒している。その医師を訪ね、恐怖に震えながらも希望を見出したというイヴ・エンスラーのレポートの抄訳。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました