スポンサーリンク

世界の庭(ヨーロッパ編2):イギリスの城郭庭園

ヨーロッパでは中世時代、城砦の建設にともない、城郭庭園が発達していく。初期は、城郭内の狭い空地を利用して草木を植える程度のものだったが、次第に花壇や小道を造るなど、レイアウトにも目を向け始める。14世紀になると、より大規模な庭園が登場した。

世界の庭(ヨーロッパ編1):チェルシー・フラワー・ショー(ロンドン)

ロンドンで毎年5月に開催される園芸イベント、チェルシー・フラワー・ショー。1912年にはじまり、多くのガーデニング好きが訪れる。花粉症対策の低アレルギー・ガーデンなど、新しい庭園スタイルを提案し、最新の園芸情報を発信する先駆者的な展覧会。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました