育児・出産

スポンサーリンク
フェミニズム

イクメンも気軽に集うパリの子ども専用カフェ

遊んで、笑って、学べる、フランス初の子ども専用カフェ「カフェゾイド」。非営利団体が運営し、プロの教育者(音楽やダンスのインストラクターなど)とボランティアが子どもたちに遊び場を提供している。日本と大きく違うのが、父親の人数が多いこと。
フェミニズム

フランス女性もうらやむスウェーデンの男女の育休対策

女性が仕事と家庭の両立が、スウェーデン政府の優先目的であり、国家予算も明確だ。スウェーデンの法律は、働く母親のためにある。育児休暇は、給与の80%支給が11ヶ月、子供が8歳になるまで分割して、カップルの仕事の状況に合わせて、休暇を取得できる。
フェミニズム

スウェーデンでは育休経験の男性に出世の道

スウェーデンでは、政府が父親の育児休暇を奨励しており、多くの大企業が、育児休暇後の復職を歓迎しているという。父親として育児を体験した人は、立派な企業人になると考えられているからだ。育児休暇後、キャリアアップさせるシステムをとる会社もあるという。
フェミニズム

仕事と家庭の両立に悩むフランス女性・子を持つ女性の苦労

フランスの女性たちは、もはや男性社会に我慢するのではなく、働きやすい環境を作る実用的な方法を主張している。賃金格差がなくなれば、収入が同等になり、男性も家事を分担するようになるだろう。社会に圧力をかけるには、特に母親たちが動かなければならない。
フェミニズム

日本は世界一の中絶が多い国? フランスの雑誌記事より

ピル解禁こそ女性革命の第一歩、ととらえるフランス女性にとって、ピルに懐疑的な日本女性は不可解な存在のようです。 日本でピルが解禁された当時(1999年)、さまざまな雑誌でその状況が取り上げられました。 ある女性誌に掲載された記事...
フェミニズム

中絶よりシングルマザー 英国シングルマザー事情

英国のシングルマザーに関する1993年の新聞記事の抄訳。イギリスでは130万人が片親で、そのうち90%が女性、若い女性が多い。問題はシングルマザーの貧困にある。可能な対策として、住宅および家族ローンの改善、逃げる父親を追跡するシステムの強化。
フェミニズム

少子化と中絶と代理出産と赤ちゃんポストの日本の矛盾

少子化に歯止めがきかない一方で、中絶の数は世界でもトップクラス。赤ちゃんポストに子どもを託す人もいる。日本の少子化政策は、高齢者を支える人や労働者を増やすための経済的な理由が中心で、日本人の出産や子育ての意識は一貫性に欠けるような気がする。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました