結婚・離婚

スポンサーリンク
フェミニズム

フランスの1990年代の離婚補償手当と養育費

フランスの離婚補償手当は、離婚が原因で一方の配偶者の生活条件が悪化しないよう、不均衡を是正するために制定されている。1990年代、離婚補償手当を払えない男性が刑務所に入ったり、前妻の補償手当の支払いで後妻が苦労するケースが問題になった。
フェミニズム

フランスにおける離婚した親と子の面会

フランスでは、離婚後も元夫が子どもに会う権利を尊重しなければならないされ、暴力の危険から子どもを守るために中立の場所で子どもと会うように義務づける。父親は隔週土曜日、2時間だけ会うことができる。数年間にわたって監視下での面会が強制されることも。
フェミニズム

フランスでDV夫を殺害した女性の支援運動が裏目に

47年の結婚生活で妻と娘に暴力をふるいつづけた夫を殺害し、2015年に禁固10年の刑が確定した女性の仮出所を求める支援運動が広がり、2016年1月にオランド大統領が「恩赦」を発表した。しかし、メディアの過剰報道が不利に働き、釈放は見送られた。
フェミニズム

「フランスでなぜ離婚が多いのか」を精神分析医が分析

ここ数年、男女の差や役割の違い、補完性の大切さが過小評価されすぎている。この数十年の闘いのフェミニズムの結果として、男性の墓場を作ってしまったといえる。今日、男性も女性も自分たちの領域を見出せないでいる。フランスの保守系新聞の記事から抜粋。
フェミニズム

「義父の精子で体外受精」からみえる家父長制

義父から提供された精子による治療での1回あたりの妊娠率は38.2%。匿名ドナーからの提供を受ける人工授精の1回あたりの妊娠率を大きく上回っているという。日本の不妊治療は家父長制に大きくかかわり、女性が世継ぎを産むマシーンの象徴でもあると思う。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました