海外メディア

スポンサーリンク
原発

ウラン採掘に苦しむニジェールの人々

アフリカ・ニジェールのウラン採掘の現状について、現地からの手記です。 このプロジェクトは、日本企業もかかわっています。 Altermondes 2007年12月~2008年2月号 14ページ ウラン 牧畜民の不...
原発

「原子力が逆襲するとき」2011年8月フランス雑誌より

あってはならないことなのに、とにかく起きてしまった。福島第一原発の原子炉3基がメルトダウンし、原子力に好意的だった社会、政治、産業の全てに亀裂が生じた。原子力は絶対確かではない。フクシマは、ここ数年間の核に好意的な相互理解を数日で根元から崩した。
原発

イギリス左派新聞の論説委員による「原発擁護」の記事

英国ガーディアン紙の電子版に2011年7月4日に掲載された論説委員の記事の抄訳。「原子力産業はうさんくさいが、それが原子力エネルギーを廃止する理由にはならない」「新世代原発施設は、これまで以上の検査と透明性が確保されたときだけ、建設されるべき」
原発

イギリス政府が原子力企業に安全神話PRの協力を迫る

イギリス政府の経済省とエネルギー省は福島第一原発事故の2日後に、フランス電力公社(EDF)やアレバなど原子力企業に「原発の安全性」をアピールするPR作戦の協力を迫るメールを送っていた。ガーディアン紙がそのメールのやりとりを暴露した。
原発

原子力について良い質問をしよう

8月19日のTerra Ecoに掲載されたポール・キレスの寄稿です。 ポール・キレスは、社会党政権時代、都市計画大臣、防衛大臣、郵政・通信大臣、内務・治安大臣を歴任し、現在はコルド・シュル・シエル市長。政治家や組合、市民団体、ジャ...
原発

英仏の左派新聞が報じた「原発擁護」記事をめぐって

フランスのメディアパールが、イギリスとフランスの左派系新聞に掲載された「原発擁護」の記事を紹介し、あらためて脱原発の主張をしていた。 メディアパールの記事「いや、原子力は『根本的に左派のもの』ではない」(2011年7月29日)では、次...
原発

フランス左派系新聞の「原発擁護」記事

2011年7月28日にフランスのリベラシオン紙電子版に掲載された、ダヴィッド・スペクトール(パリ経済大学准教授)の記事です。 なお、これに反論するフランスのメディアパルトの記事に関してはこちら *意訳しています。誤訳があると思います。ご...
原発

フランス科学者4人の「原発を擁護する理由」

2011年7月22日のメディアパルトの記事です。 善悪二元論で反対派をたたくのではなく、脱原発派と原発推進派の本質的な議論を展開するのを目的に、今回はフランスの原発推進派4人をインタビューしています。 インタビューした相手は有名...
原発

原子力と民主主義

フランスの雑誌Altermondeの「科学と民主主義」特別号に掲載された、「民主主義の核」の記事の抄訳です。 この記事は、福島第一原発事故の前に準備していたそうです。 福島第一原発事故そのものと、この事故による健康および環境への計り...
原発

原発のリスク保険は誰が払うべきか?

フランスのメディアTera-Eco電子版の2011年6月13日に、「原発事故のリスク保険」に関する記事が掲載されました。 記事は次のような内容(全訳ではありません)。 原発事故を予想して、消費者に課税し、共同資金を積み立てなけれ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました