記事

スポンサーリンク
フェミニズム

DSK事件が火をつけたフランス流フェミニズムの論争3

フランスの大物政治家ストロスカーン氏の性的暴行事件をめぐるフェミニズム論争の3回目。フランスの法社会学者イレーヌ・テリー氏の「フランス流フェミニズム」にアメリカの歴史学者ジョーン・スコット氏がかみつき、さらに3人のフランス知識人が議論に参戦。
フェミニズム

DSK事件が火をつけたフランス流フェミニズムの論争2

大物政治家ストロスカーン氏の性的暴行事件は、フランスのフェミズムを活発化させた。法社会学者イレーヌ・テリー氏の寄稿の抄訳。フランスは性やジェンダー問題で他国より遅れているとみられているが、性犯罪を重大な提起として一とらえなければならない、と。
フェミニズム

DSK事件が火をつけたフランス流フェミニズムの論争1

大物政治家ドミニク・ストロスカーン氏のセクハラDSK事件は、フランスでの#MeToo運動のはじまりともいわれている。この事件をめぐり、アメリカとフランス、そしてフランス国内でフェミニズム論争が起こり、大手新聞で激しい応戦が繰り広げられた。

西洋庭園1:チェルシー・フラワー・ショー(ロンドン)

ロンドンで毎年5月に開催される園芸イベント、チェルシー・フラワー・ショー。1912年にはじまり、多くのガーデニング好きが訪れる。花粉症対策の低アレルギー・ガーデンなど、新しい庭園スタイルを提案し、最新の園芸情報を発信する先駆者的な展覧会。
フェミニズム

フランス5月革命から30年の女性解放・教育と仕事

フランスの女性解放運動の出発点となった1968年5月革命。1998年の仏女性誌の特集記事を参考に、教育の男女平等、仕事の男女差別撤廃、政治への女性参加の過程を追った。90年代までフランスは「男は仕事、女は家庭」という日本と似たような状況だった。
フェミニズム

フランス5月革命から30年の女性解放・避妊と中絶

フランスの女性解放運動の出発点となった1968年5月革命。1998年の仏女性誌の特集記事を参考に、ピル(経口避妊薬)の解禁、人工妊娠中絶の合法化という女性の解放の過程を追った。フランスは同レベルだった日本だが、30年の無策で大差がついた。
フェミニズム

フランス5月革命から30年の女性解放・夫婦間の平等

フランスの女性解放運動の出発点となった1968年5月革命。1998年の仏女性誌の特集記事を参考に、ナポレオン法典の家父長制度を変更させ、夫婦間における平等を勝ち取る過程を追った。60年代時点では、日本の女性のほうが、夫婦の平等は保証されていた。
フェミニズム

西欧視点ではないモロッコのフェミニズム社会学者の言葉

フェミニズムは西欧から学ぶことが多いが、その理論をそのまま当てはめようとしても無理がある。モロッコの社会学者メルニーシーさんは、イスラムやモロッコの伝統や文化に基づいて、自分の身近な女性たちの自律を追究し、それを西欧社会に堂々と発表していた。
フェミニズム

70年代の少女漫画で描かれた女性の自立

「ベルサイユのばら」「はいからさんが通る」などの少女漫画は、女性の自立をさりげなく描いている。こうした女性たちの要求が反映されていたら、いまごろ日本は、男女平等指数ランキングで不名誉な結果にはならず、男女の格差がなくなっていたかもしれない。
「慰安婦」問題

8月14日は日本軍「慰安婦」メモリアル・デー

金学順さんが「慰安婦」だったと名乗りでた8月14日をメモリアルデーにしようと2013年8月に東京で国際シンポジウムが開催された。フィリピンの被害者エステリーダ・ディさん(83歳)は「戦争で最も被害を受けるのは、私たちのような女性や子たち」と。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました