スポンサーリンク

世界の庭(ヨーロッパ編2):イギリスの城郭庭園

ヨーロッパでは中世時代、城砦の建設にともない、城郭庭園が発達していく。初期は、城郭内の狭い空地を利用して草木を植える程度のものだったが、次第に花壇や小道を造るなど、レイアウトにも目を向け始める。14世紀になると、より大規模な庭園が登場した。
フェミニズム

DSK事件が火をつけたフランス流フェミニズムの論争6

フランスの大物政治家ストロスカーン氏の性的暴行事件をめぐるフェミニズム論争の6回目。DSK事件を契機にフランスではフェミニズムが活性化。フランスの特殊性ともいえる「誘惑の芸術とフェミニズムの闘い」について哲学者エリザ・ドルランが発言。
フェミニズム

DSK事件が火をつけたフランス流フェミニズムの論争5

フランスの大物政治家ストロスカーン氏の性的暴行事件をめぐるフェミニズム論争の5回目。「フランス流フェミニズム」をめぐり、フランスの特殊性ともいえる「誘惑」について知識人が発言。エリック・ファッサン氏は官能的なフェミニストの可能性を提案。
フェミニズム

DSK事件が火をつけたフランス流フェミニズムの論争4

フランスの大物政治家ドミニク・ストロスカーン氏の性的暴行事件をめぐり、アメリカとフランスで交わされたフェミニズム論争の4回目です。「フランス流フェミニズム」を提唱する仏の4人の知識人と米国の歴史学者との新聞上で激しい議論を展開します。
フェミニズム

DSK事件が火をつけたフランス流フェミニズムの論争3

フランスの大物政治家ストロスカーン氏の性的暴行事件をめぐるフェミニズム論争の3回目。フランスの法社会学者イレーヌ・テリー氏の「フランス流フェミニズム」にアメリカの歴史学者ジョーン・スコット氏がかみつき、さらに3人のフランス知識人が議論に参戦。
フェミニズム

DSK事件が火をつけたフランス流フェミニズムの論争2

大物政治家ストロスカーン氏の性的暴行事件は、フランスのフェミズムを活発化させた。法社会学者イレーヌ・テリー氏の寄稿の抄訳。フランスは性やジェンダー問題で他国より遅れているとみられているが、性犯罪を重大な提起として一とらえなければならない、と。
フェミニズム

DSK事件が火をつけたフランス流フェミニズムの論争1

大物政治家ドミニク・ストロスカーン氏のセクハラDSK事件は、フランスでの#MeToo運動のはじまりともいわれている。この事件をめぐり、アメリカとフランス、そしてフランス国内でフェミニズム論争が起こり、大手新聞で激しい応戦が繰り広げられた。

世界の庭(ヨーロッパ編1):チェルシー・フラワー・ショー(ロンドン)

ロンドンで毎年5月に開催される園芸イベント、チェルシー・フラワー・ショー。1912年にはじまり、多くのガーデニング好きが訪れる。花粉症対策の低アレルギー・ガーデンなど、新しい庭園スタイルを提案し、最新の園芸情報を発信する先駆者的な展覧会。
フェミニズム

フランス5月革命から30年の女性解放・教育と仕事

フランスの女性解放運動の出発点となった1968年5月革命。1998年の仏女性誌の特集記事を参考に、教育の男女平等、仕事の男女差別撤廃、政治への女性参加の過程を追った。90年代までフランスは「男は仕事、女は家庭」という日本と似たような状況だった。
フェミニズム

フランス5月革命から30年の女性解放・避妊と中絶

フランスの女性解放運動の出発点となった1968年5月革命。1998年の仏女性誌の特集記事を参考に、ピル(経口避妊薬)の解禁、人工妊娠中絶の合法化という女性の解放の過程を追った。フランスは同レベルだった日本だが、30年の無策で大差がついた。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました