やっと実現しそうな“ピル解禁”女性の活躍が避妊を変える

『サリダ』1990年9月14日号に掲載された記事です。

やっと実現しそうな“ピル解禁”

産む、産まない…。

妊娠は働く女性にとって避けては通れない決断。

仕事が絶好調、これから!というときに予定外の妊娠で仕事の中断etc…これは決して他人事ではない。

「ピル解禁」のニュースが初めて日本で流れたのは1986年。

厚生省の研究機関が「ホルモン含有量の少ない低用量ピルの導入」に関するガイドラインを発表。
事実上、ピルが実用化される見通しに。

そして4年、そのガイドラインに沿って臨床試験を積み重ね、今年7月、3社から厚生省に低用量ピルの製造・輸入承認申請が提出された。

今回申請を出した日本オルガノン社は、産婦人科向け医薬に力を入れている。

「母体であるオランダから各国が低用量ピルを輸入しています。なぜ日本だけが?という疑問はありました。ピルが解禁されることで、避妊の選択の幅が広がるでしょう」

ピルは1960年代にアメリカで認可されて以来、全世界に普及していった。

その後、副作用を避けるため、ホルモン含有量を少なくして効果のある低用量ピルが開発され、現在では主流になっている。

厚生省がやっと重い腰をあげたのは、男女雇用機会均等法が施行された年。

女性の社会進出に伴って、日本でもやっと“女性が主体的に関わる避妊のあり方”を考え始めたようだ。

それにしても、時間がかかりすぎたのはなぜか?

一番心配されていたのは安全性の問題だという。

しかし、やはりそれだけではないだろう。

1、2年後には、日本でも欧米なみにピルが市販され、避妊用に使うことができるようになる(もちろん医師の処方箋が必要)。

欧米の女性たちの生活にピルはすっかり定着している。

日本の女性がピルをどのように受け止めるのか?

男まかせにしていた避妊を、もっと女の立場から検討してみるにはよい機会だ。

ほんとうのオンナの時代に、一歩でも近づくために!

タイトルとURLをコピーしました